Insects in Amber

【時代】新生代古第三紀・漸新世

【産地】バルト海       

学びのキーワード:ルーペを用いた観察、古生物の研究 など

※PDF版はこちらからダウンロードできます。

琥珀について

木の樹脂の化石(硬化した樹脂)を、琥珀とよびます。全ての樹脂が琥珀になるわけではありません。琥珀となり得る樹脂を分泌する木の多くは絶滅していますが、現在も生息している植物でいうと、ナンヨウスギ属[Araucaria] またはヒメナエア属[Hymenaea] の樹脂が琥珀となっています。

 

琥珀に閉じ込められた生き物たち

琥珀の中に保存されやすい生き物は、木に生息していたり、樹脂に集まったりするものです。葉、花粉、種子なども琥珀と共に化石に残ることがあります。ごく稀に、脊椎動物の羽毛や骨が保存されることもあります。

琥珀の中に保存されたDNAから恐竜を復活?

琥珀の中の昆虫からDNA を取り出して恐竜を復活させる映画がありますが、果たして本当に実現できるのでしょうか?残念ながら、それは不可能だと考えられます。

DNA は、アデニン・チミン、グアニン・シトシンという物質が“意味” をもって長く並んだもの。壊れてしまったら、その“意味” を読みとることができないのですが、521 年経つと元々あったDNA の約半分が壊れるという研究結果があります。そこから521 年経つとさらにその半分が壊れ、680 万年後にはほぼ全てがバラバラになると考えられています。恐竜(非鳥類型恐竜)が絶滅したのは約6600 万年前。仮にDNA のかけらが残っていたとしても、それは全てがバラバラに壊れた“意味” をもたないただの物質でしかありません。一方、マンモスのDNA に関する研究は今でも続けられています。

※The half-life of DNA in bone: measureing decay kinetics in 158 dated fossils, Morten E. Allentoft et al., 2012

企画展情報

 世界中の人々がその理念を共有する「博物館」。地域の貴重な財産を未来に残す活動をしている博物館は、世界中に存在しています。
 この速報展は、文化庁委託事業「令和4年度博物館等の国際交流の促進事業」の一環として、御船町恐竜博物館がモンタナ州立大学付属ロッキー博物館とともに取り組んでいる恐竜化石の共同調査や研究の成果の概要について速報するものです。
 ご来場をお待ちしています。