博物館には、発掘作業でみつかった化石や寄贈・寄託を受けた標本など、大小さまざまな資料が存在します。現在、御船町恐竜博物館には1万6千点を越える資料が収蔵されています。これらの資料は、後の時代に伝えていかなければならない貴重な財産です。劣化や災害への対策を講じながら、資料を活用しやすい状態に維持することは、とても大切なことです。資料の整理と保管は、博物館の原点とも言える重要な仕事であり、数多くの貴重な資料が保管されている部屋が「収蔵庫」です。

企画展情報

本展は、令和3年5月17日の大雨で被害を受けた資料のレスキュー活動に端を発し、急遽企画された展覧会です。収蔵庫で行われている「集める」、「残す」、「解き明かす」という3つの活動をご紹介いたします。
会期:2021年8月1日(日)〜2022年1月30日(日) 会期延長