博物館には、膨大な数の資料が存在します。当館には古生物資料(化石)を中心として約15,000 点の資料が収蔵されています。それらを保管している場所がこの収蔵庫です。

 収蔵庫の見どころ

 化石を保管するというと、ただ箱に入れて置いてあるだけのようにイメージするかもしれません。しかし膨大な資料があるためただ置いてあるだけでは、いつどこで採集した何の化石なのか、わからなくなってしまいます。そのため1つ1つの資料に番号をつけ、化石の名前,地層,産出地点,採取日などをデータシートやパソコンに記録していきます。
また、標本は後世に確実に守り伝えなければなりません。そのため劣化しないような処置が施され、安定した状態で保存・管理されています。一見すると棚がたくさんあるだけのように見えますが、実は博物館の中では最も厳重に管理されている部屋なのです。

 

特別展情報

博物館活動の原点は、人類が共有すべき資料を未来へ残す取り組みにあります。本展では収蔵資料の一部と博物館のコレクション構築の取り組みについて紹介します。
会期:2021年4月1日(木)〜5月9日(日)
PAGE TOP