博物館には、膨大な数の資料が存在します。当館には古生物資料(化石)を中心として約15,000 点の資料が収蔵されています。それらを保管している場所がこの収蔵庫です。

 収蔵庫の見どころ

 化石を保管するというと、ただ箱に入れて置いてあるだけのようにイメージするかもしれません。しかし膨大な資料があるためただ置いてあるだけでは、いつどこで採集した何の化石なのか、わからなくなってしまいます。そのため1つ1つの資料に番号をつけ、化石の名前,地層,産出地点,採取日などをデータシートやパソコンに記録していきます。
また、標本は後世に確実に守り伝えなければなりません。そのため劣化しないような処置が施され、安定した状態で保存・管理されています。一見すると棚がたくさんあるだけのように見えますが、実は博物館の中では最も厳重に管理されている部屋なのです。

 

企画展情報

 世界中の人々がその理念を共有する「博物館」。地域の貴重な財産を未来に残す活動をしている博物館は、世界中に存在しています。
 この速報展は、文化庁委託事業「令和4年度博物館等の国際交流の促進事業」の一環として、御船町恐竜博物館がモンタナ州立大学付属ロッキー博物館とともに取り組んでいる恐竜化石の共同調査や研究の成果の概要について速報するものです。
 ご来場をお待ちしています。
PAGE TOP