御船町恐竜博物館の設置目的である「自然史に関する調査研究、資料の収集、展示、教育活動をとおして、自然の生い立ちや郷土の豊かな自然環境に関する町民の教養を育み、学術及び文化の発展に寄与すること」に資する資料を収集します。対象とする資料は、自然史分野に関係する、実物、標本、模写、模型、文献、図表、フィルム等であり、科学的証拠としての学術的資料だけでなく、展示や教育活動での「活用」に重点を置いた資料も収集の対象としています。

現在、御船町恐竜博物館には1万6千点を越える資料が収蔵されており、研究・展示・教育活動などに生かされています。

企画展情報

本展は、令和3年5月17日の大雨で被害を受けた資料のレスキュー活動に端を発し、急遽企画された展覧会です。収蔵庫で行われている「集める」、「残す」、「解き明かす」という3つの活動をご紹介いたします。
会期:2021年8月1日(日)〜2022年1月30日(日) 会期延長