御船町恐竜博物館の設置目的である「自然史に関する調査研究、資料の収集、展示、教育活動をとおして、自然の生い立ちや郷土の豊かな自然環境に関する町民の教養を育み、学術及び文化の発展に寄与すること」に資する資料を収集します。対象とする資料は、自然史分野に関係する、実物、標本、模写、模型、文献、図表、フィルム等であり、科学的証拠としての学術的資料だけでなく、展示や教育活動での「活用」に重点を置いた資料も収集の対象としています。

現在、御船町恐竜博物館には1万6千点を越える資料が収蔵されており、研究・展示・教育活動などに生かされています。

御船町恐竜博物館コレクションポリシー

○御船町恐竜博物館資料収集の考え方
御船町恐竜博物館の設置目的である「自然史に関する調査研究、資料の収集、展示、教育活動をとおして、自然の生い立ちや郷土の豊かな自然環境に関する町民の教養を育み、学術及び文化の発展に寄与すること」に資する資料を収集します。
対象とする資料は、自然史分野に関係する、実物、標本、模写、模型、文献、図表、フィルム等であり、科学的証拠としての学術的資料だけでなく、展示や教育活動での「活用」に重点を置いた資料も収集の対象としています。

○コレクションの構築
資料は、採集、寄贈、購入等によって収集されます。
コレクションの構築は、調査研究活動や教育普及活動の計画に従って、学芸員が進めます。

○資料の収集方針
次の資料を収集します。
古生物学分野
・御船層群をはじめとする地域の地質・古生物学に関する資料。
・恐竜に関する資料。
・中生代の化石、岩石、その他の比較資料。
・地球・生命史の証拠となる資料。

博物館学分野
・展示や教育活動に有用な資料。
・科学史・博物館学に関する資料。

○コレクションの保存
コレクションは、収蔵品管理システムによって管理し、永続的に保存します。
自然災害に備え、コレクションの緊急避難計画を策定します。

○コレクションの利用
コレクションは、研究・展示・学習支援活動に用いられます。
コレクションの利用者は、学芸員有資格者や教員等、博物館が認める者(機関)に限られます。