研究不正防止に関する規定・計画等

御船町恐竜博物館科学研究費助成事業等の取扱いに関する規則

御船町恐⻯博物館における科学研究費助成事業等にかかる不正防⽌計画

研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成26年2月18日改正)(文部科学省)

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)

研究倫理教育

科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-【テキスト版】(日本学術振興会)

研究倫理eラーニングコース(日本学術振興会)

誓約書

コンプライアンス教育

研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)に係るコンプライアンス教育用コンテンツ

誓約書

研究費の不正使用に関する相談/告発

研究費の執行及び管理に関する相談/告発を受け付けます。

【窓口】

御船町恐竜博物館事業管理係 助成事業等運営委員会

〒861-3207 熊本県上益城郡御船町大字御船995-6

電話:096-282-4051

電子メールは「お問い合わせフォーム」からお送りください。

【留意事項】

・相談/告発内容は、必要な対応を行うためだけに使用し、それ以外の目的に使用したり公開したりすることはありません。

・相談/告発者は、相談又は告発したことを理由として不利益な取扱いを受けることはありません。

・相談事例を整理し、館内におけるコンプライアンス教育において周知します。

 

企画展情報

恐竜は中生代に繁栄し、鳥類へのダイナミックな進化を遂げた生物として知られています。その巨大さや奇妙な形は、多くの人々を惹きつけ、子どもたちの知的好奇心を育む絶好の教材にもなっています。
 知的好奇心、それは、たくさんの情報を集めたり、ひとつのことを深く探究したりする行動の原動力となるもの。科学の分野だけでなく、多くの課題や困難に直面する現代社会において必要とされ、幼児期から育むことが大切だとも言われています。
 この企画展では、恐竜が生きた時代の地球環境、恐竜の進化や生態に関する資料等を可能な限り易しく展示し、子どもたちの知的好奇心を刺激するプログラムを提供いたします。ぜひご来場いただき、恐竜たちと一緒に好奇心の種を蒔いていただければ幸いです。