標本作製室では、岩石から化石を取り出す作業を行います。恐竜化石について驚くようなニュースを耳にした事があると思いますが、どんな凄い発見であってもこの部屋の作業を行われなければ、永久にわからなかったことでしょう。

標本作製室の見どころ

 標本作製室では、「モンタナ州恐竜化石プレパレーションプロジェクト」として、モンタナ州の恐竜化石のクリーニング作業が行われています。ロッキー博物館から本物の恐竜化石が入った岩塊を借用し、削りだしていく過程を公開しています。
まだ岩の中に何の化石が入っているかわかりません。これから作業を進めていく中で、どんな発見があるのでしょうか?日々刻々と変化していく化石を是非ご覧ください。

企画展情報

本展は、令和3年5月17日の大雨で被害を受けた資料のレスキュー活動に端を発し、急遽企画された展覧会です。収蔵庫で行われている「集める」、「残す」、「解き明かす」という3つの活動をご紹介いたします。
会期:2021年8月1日(日)〜12月5日(日)