化石を覆っている岩石を取り除いたり、バラバラになっている化石を修復して、化石の全体像を明らかにする作業のことを「化石のクリーニング」といいます。一般ではタガネとハンマーで行うこともありますが、御船町恐竜博物館では、プリパレーターがエアスクライバー(専門の機器)を使ってクリーニングを行っています。当館では、この作業の様子をオープンラボで間近に見る事ができます。

企画展情報

本展は、令和3年5月17日の大雨で被害を受けた資料のレスキュー活動に端を発し、急遽企画された展覧会です。収蔵庫で行われている「集める」、「残す」、「解き明かす」という3つの活動をご紹介いたします。
会期:2021年8月1日(日)〜12月5日(日)
PAGE TOP