化石を覆っている岩石を取り除いたり、バラバラになっている化石を修復して、化石の全体像を明らかにする作業のことを「化石のクリーニング」といいます。一般ではタガネとハンマーで行うこともありますが、御船町恐竜博物館では、プリパレーターがエアスクライバー(専門の機器)を使ってクリーニングを行っています。当館では、この作業の様子をオープンラボで間近に見る事ができます。

企画展情報

 世界中の人々がその理念を共有する「博物館」。地域の貴重な財産を未来に残す活動をしている博物館は、世界中に存在しています。
 この速報展は、文化庁委託事業「令和4年度博物館等の国際交流の促進事業」の一環として、御船町恐竜博物館がモンタナ州立大学付属ロッキー博物館とともに取り組んでいる恐竜化石の共同調査や研究の成果の概要について速報するものです。
 ご来場をお待ちしています。
PAGE TOP