化石を覆っている岩石を取り除いたり、バラバラになっている化石を修復して、化石の全体像を明らかにする作業のことを「化石のクリーニング」といいます。一般ではタガネとハンマーで行うこともありますが、御船町恐竜博物館では、プリパレーターがエアスクライバー(専門の機器)を使ってクリーニングを行っています。当館では、この作業の様子をオープンラボで間近に見る事ができます。

特別展情報

博物館活動の原点は、人類が共有すべき資料を未来へ残す取り組みにあります。本展では収蔵資料の一部と博物館のコレクション構築の取り組みについて紹介します。
会期:2021年4月1日(木)〜5月9日(日)
PAGE TOP