とても小さな化石を調べる部屋です。虫眼鏡でもよくわからないほど小さいので顕微鏡を使って観察をします。覗きこんで見える化石は、まだ謎につつまれたままです。細かい模様を観察して図鑑の写真と見比べながら、その正体を突き止めていきます。

分析室の見どころ

小さな化石(微化石)には、珪藻や有孔虫、放散虫などたくさんの種類があり、とても不思議な形をしています。また微化石を調べると大昔の環境や地層の時代などがわかります。この分析室では、そんな小さくて凄い化石に関する繊細な研究の過程を見ることができます。

企画展情報

 世界中の人々がその理念を共有する「博物館」。地域の貴重な財産を未来に残す活動をしている博物館は、世界中に存在しています。
 この速報展は、文化庁委託事業「令和4年度博物館等の国際交流の促進事業」の一環として、御船町恐竜博物館がモンタナ州立大学付属ロッキー博物館とともに取り組んでいる恐竜化石の共同調査や研究の成果の概要について速報するものです。
 ご来場をお待ちしています。