研究作業室では、博物館に収集された資料の研究が行われています。微細な化石の観察には双眼実体顕微鏡が用いられ、岩石薄片の観察には偏光顕微鏡が用いられます。コンピューターは、CTスキャナーで取得したデータの3次元構成や系統解析に用いられています。現在、主に御船層群から産出した脊椎動物化石の研究が行われます。

研究作業室の見どころ

御船町で発掘された化石は、生物の進化の中でどのような意味を持っているものなのでしょうか?古生物研究や博物館の学芸員の日常をお楽しみください。

企画展情報

本展は、令和3年5月17日の大雨で被害を受けた資料のレスキュー活動に端を発し、急遽企画された展覧会です。収蔵庫で行われている「集める」、「残す」、「解き明かす」という3つの活動をご紹介いたします。
会期:2021年8月1日(日)〜12月5日(日)