Mammuthus primigenius

【時代】新生代第四紀・更新世

【産地】メキシコ湾     

学びのキーワード:新生代、歯の形態と食性、体のつくり など

※PDF版はこちらからダウンロードできます。

マンモスについて

マンモスは「ゾウ目ーゾウ科」に属するマンモス属の種の総称です。アジアゾウやアフリカゾウと似ていますが、マンモスはこれらのゾウの直接の祖先ではありません。マンモスと現生のゾウは、いわば親戚のような関係にあります(No.9_マンモス の体毛を参照)。

マンモス属は約500~400 万年前にアフリカに出現した後、ユーラシア、北アメリカへと進出していきました。いまのところ5 種が知られていますが、約1 万年前に全て絶滅したといわれています。

※諸説あります。

 

これが、歯…?

マンモスの歯の形は、ヒトとは大きく異なっています。ゾウの歯を見てみましょう。

小判のようなものが見えますね(赤い矢印のところ)。これがゾウの歯(臼歯)です。マンモスを含むゾウの歯は、下の写真のような構造をしています。

 

生え変わり方もヒトと異なります。ヒトの場合は乳歯が抜けると下から永久歯が生えてくる「垂直交換」ですが、ゾウの場合は「水平交換」。後ろから前へ新しい臼歯が出てきて、古い歯が交換されます。

企画展情報

 世界中の人々がその理念を共有する「博物館」。地域の貴重な財産を未来に残す活動をしている博物館は、世界中に存在しています。
 この速報展は、文化庁委託事業「令和4年度博物館等の国際交流の促進事業」の一環として、御船町恐竜博物館がモンタナ州立大学付属ロッキー博物館とともに取り組んでいる恐竜化石の共同調査や研究の成果の概要について速報するものです。
 ご来場をお待ちしています。