御船層群とは白亜紀の後期に形成された地層で、熊本県のほぼ中央部に分布し、全体として2000メートルを超える厚さがあります。下部の地層は、貝化石などを産出し、上部の地層は多数の恐竜化石を産出します。国内で多様な恐竜化石を産出する地層は少なく、御船層群は、白亜紀後期のものとしては、日本一の恐竜化石の産出量を誇ります。

  御船町の恐竜化石は、人類にとってかけがえのない財産です。博物館は失われていく資料を収集し、後世へ確実に引き継ぐ事を目的として資料収集と収蔵を行います。本町が有する御船層群の恐竜化石コレクションは、他に例をみないものです。

恐竜化石調査

「恐竜たちは、どのような地球環境の中で、どのように進化したのだろうか?」 御船層群に保存されている恐竜化石は、いまだに解明されていない恐竜の進化の空白を埋める資料として注目されています。 当博物館は、御船層群の恐竜研究の最前線にある博物館として、発掘調査や研究を続けています。

特別展情報

博物館活動の原点は、人類が共有すべき資料を未来へ残す取り組みにあります。本展では収蔵資料の一部と博物館のコレクション構築の取り組みについて紹介します。
会期:2021年4月1日(木)〜5月9日(日)
PAGE TOP