ミュージアムキャンプ2018その1

盛りだくさんのイベントを1泊二日で体験できる「ミュージアムキャンプ」。例年は夏休み期間中に実施していましたが、今年度は3連休を利用して9月15日(土)、16日(日)で実施しました。今回の目玉は「オリジナル恐竜コンテスト」。参加してくれた子どもたちは、スタッフが予想していた以上に真剣に取り組み、すてきなオリジナル恐竜が10体出来上がりました(嬉しくて泣きそうになるスタッフ数名)。そんなミュージアムキャンプの様子を2回にわけてご紹介します。今回はキャンプの全体についてです。

〜キャンプのスケジュール〜

1. 開講式

主任学芸員より「キャンプ中は不便に感じることがあるかもしれないけど、化石発掘地でのキャンプはもっと不便ですよ…!」とお話がありました。

 

2. グループワーク(自己紹介、係決め、親睦を深めるゲームなど)

班のメンバーと仲良くなるための、背中を使った伝言ゲーム。班のメンバーは6〜7人。そこに班リーダー(博物館登録スタッフの方たち)が1人ずつつき、2日間行動を共にします。

 

3. 博物館で恐竜の調査とアイディア出し

常設展示と特別展示の恐竜たちを観察して、オリジナル恐竜のアイディアをねります。どんなオリジナル恐竜ができるか楽しみです!

 

4. 動物園でいま生きている動物の調査とアイディア出し

熊本市動植物園におじゃまして、今生きている動物たちを徹底調査。ところが動物園にむかうバスの中で雨が降り出してしまいます。後々けっこうな雨に…
オリジナル恐竜のアイディアが出来てきたようです。
帰る時になってきれいな青空。

 

5. ナイトミュージアム/オリジナル恐竜づくり

オリジナル恐竜も着々と出来上がってきました。1つの班の中で「肉食恐竜チーム」と「植物食恐竜チーム」の2つにわかれています。
ナイトミュージアムでは真っ暗な展示室を懐中電灯だけですすみます。館内放送から不気味な声が聞こえつつ、班ごとに恐竜や化石に関する謎をときました。女の子チームはかなり怖がっていましたが、男の子チームは余裕!?

 

6. (2日目)オリジナル恐竜コンテスト

オリジナル恐竜コンテストに向けて、最後の仕上げ。真剣です。
オリジナル恐竜のアピールタイムです。名前の由来や、どんな恐竜・動物を参考にしたのかを発表します。この後はいよいよ投票と結果発表です!
投票中…
ドキドキの結果発表!そしてこの躍動感!
肉食恐竜部門、植物食恐竜部門の各1位のチームには、今回のキャンプオリジナルのピンバッジをプレゼント!世界に8個しかありません。参加賞はオリジナルシール!世界に33枚しかありません。

 

7. 閉講式

楽しかったキャンプも終了が近づいてきました。キャンプのまとめをした後は閉講式。班リーダーから班のメンバーにミュージアムキャンプの「修了証」が贈られます。
最後に、1日目の様子をまとめた映像を保護者の方と一緒に見て終了です!(自分で映像を作っておきながらいつもここで泣きそうになります。)

 

キャンプ開始直後は各々がオリジナル恐竜を考えていてチームで1つの恐竜が作れるのか心配もしましたが、チーム内で年上の子どもたちが上手にとりまとめて、メンバーそれぞれのアイディアがつまった素敵な恐竜が見事に出来上がっていました。オリジナル恐竜づくりや美味しくて楽しい食事、ドキドキのナイトミュージアムや宿泊体験など、盛りだくさんの2日間は無事に終了しました。

さて次回は、子どもたちが作成したオリジナル恐竜たちをご紹介します。お楽しみに!

 

文:富澤由規子

写真:班リーダーの方々・博物館実習生の方々・富澤由規子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です